研究報告

過去の研究報告書をご覧いただけます。

過年度研究報告

令和3年度

令和3年度研究報告は現在編集中です。公開までしばらくお待ちください。

【内容】
家具用曲げ木の製造現場におけるスマート化
木材の質感を伝達する製品提案手法の開発と家具製品への応用
伝統技法とCNC加工による新たな家具製造手法の確立
介護ニーズに基づくポジショニング用品の開発
木材乾燥における芳香蒸留水の有用成分利用
木材の触覚特性の数値化と手触り感に関する指針の提案
家具製造現場におけるトレーサビリティ基盤技術の開発
国産早生樹種の用材利用に向けた材質・加工特性の解明
超撥水処理による木材の耐水性向上
年輪構造に着目した幅接ぎ集成板の変形抑制技術の開発

令和2年度

令和2年度研究報告書全文
【内容】
家具用曲げ木の製造現場におけるスマート化 - 曲げ木に適した材状態とその判定法 -
木材の質感を伝達する製品提案手法の開発と家具製品への応用
介護ニーズに基づくポジショニング用品の開発
木材乾燥における芳香蒸留水の有用成分利用
中小企業向け生産現場支援IoTシステムの開発
木材の触覚特性の数値化と手触り感に関する指針の提案
家具製造現場におけるトレーサビリティ基盤技術の開発
国産早生樹の用材利用に向けた材質・加工特性の解明
超撥水処理による木材の耐水性向上
輪構造に着目した幅接ぎ集成材の変形抑制技術の開発
実大投影画像を用いた木製天板の色合わせ指針の検討

令和元年度

令和元年度研究報告書全文
【内容】
香りでやすらぐ木工製品の開発
家具用曲げ木の製造現場におけるスマート化
軽量で高剛性な木質パネルの開発
介護ニーズに基づくポジショニング用品の開発
日本の伝統的素材を用いた木材の耐久性向上技術の開発
中小企業向け生産現場支援IoTシステムの開発
感性に着目した幅はぎ集成材の設計指針の導出
木材の触覚特性の数値化と手触り感に関する指針の提案
家具製造現場におけるトレーサビリティ基盤技術の開発
国産早生樹種の用材利用に向けた材質・加工特性の解明

» 続きを読む