研究報告

過去の研究報告書をご覧いただけます。

過年度研究報告

令和2年度

令和2年度研究報告書全文
【内容】
家具用曲げ木の製造現場におけるスマート化 - 曲げ木に適した材状態とその判定法 -
木材の質感を伝達する製品提案手法の開発と家具製品への応用
介護ニーズに基づくポジショニング用品の開発
木材乾燥における芳香蒸留水の有用成分利用
中小企業向け生産現場支援IoTシステムの開発
木材の触覚特性の数値化と手触り感に関する指針の提案
家具製造現場におけるトレーサビリティ基盤技術の開発
国産早生樹の用材利用に向けた材質・加工特性の解明
超撥水処理による木材の耐水性向上
輪構造に着目した幅接ぎ集成材の変形抑制技術の開発
実大投影画像を用いた木製天板の色合わせ指針の検討

令和元年度

令和元年度研究報告書全文
【内容】
香りでやすらぐ木工製品の開発
家具用曲げ木の製造現場におけるスマート化
軽量で高剛性な木質パネルの開発
介護ニーズに基づくポジショニング用品の開発
日本の伝統的素材を用いた木材の耐久性向上技術の開発
中小企業向け生産現場支援IoTシステムの開発
感性に着目した幅はぎ集成材の設計指針の導出
木材の触覚特性の数値化と手触り感に関する指針の提案
家具製造現場におけるトレーサビリティ基盤技術の開発
国産早生樹種の用材利用に向けた材質・加工特性の解明

平成30年度

平成30年度
研究報告書全文
【内容】
家庭用ティルト式休息椅子の試作
香りでやすらぐ木工製品の開発 木工品の芳香性向上
家具用曲げ木の製造現場におけるスマート化 曲げ木加工における不良原因と対策
木質パネルのたわみ制御に関する研究(第2報) 簡便なたわみ計算手法の提案
家具製品のカスタマイズ技術に関する研究 人間工学に基づいた家具製品の設計支援ツールの開発(2)
家具製品のカスタマイズ技術に関する研究 個人の体型に合わせた支持面形状の提案技術(ケーススタディ)
日本の伝統的素材を用いた木材の耐久性向上技術の開発(第2報) 圧縮回復を利用した渋柿の含侵
レーザー加工機を用いた立体形状切削の研究(第2報) 形状データを用いた立体的彫刻加工
木質廃材を用いた天然床下材料の開発(第1報) 木材の熱伝導率評価
ヒトの感性に基づいた幅はぎ集成材の設計指針の導出(第1報) 画像解析を用いた柄合わせパターンの分類
ヒトの感性に基づいた幅はぎ集成材の設計指針の導出(第2報) 柄の異なる木製天板を評価する用語の調査

» 続きを読む